忍者ブログ
※現在HPに移転準備中。しばらく更新停滞します;
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

《ジェイサフィ》です。《ジェイド視点》
サフィールがすごく可哀想な事になっています。痛い系(?)です。


 私は貴方を愛していました。

 貴方も私を愛していました。

 私はそれが快感でした。

 故に―――

 〝You were loved. 〟

「ジェイド!」

 銀色――サフィールはパタパタと私に駆け寄る。私はそれに振り向かず、足を速めた。それでもまだサフィールは性懲りも無く駆け寄る。いい加減鬱陶しいので一応立ち止まって振り返る。

「何ですか? ついてくるな、と言ったはずですが」

「何故です! 何故今更私を拒絶するのですか! 私を求めたのは貴方でしょう!?」

 私の腕を掴んでサフィールは言う。
 (何故? 分からない――私は――)

「私は、貴方を愛していました」

「だったら何故!」

「愛していた、それだけです。今は違う」

 呆然、と立ち尽くして――サフィールは手に持っていた書類を床にばさばさと落とす。聞こえるのは――紙が床に落ち、重なり合う音と――サフィールの嗚咽のみ。やがて銀色も床に崩れ落ちる。

「馬鹿な貴方でも理解できたようですね――では会議があるので、失礼します」

 くるりと向きを変え、そこに銀色だけを残して立ち去る。

「待って……くだ、さい……ジェ……イド」

 嗚咽に交じったサフィールの声。振り返らずに立ち止まる。

「お願い……し、ます……さ、いごに……思い出を……」

 その言葉を遮るように、サフィールの薄い唇に口付ける。

「ジェイド……」

「……今の私は貴方を愛せません。だから――優しくすることはできない」

 それでもいいんですか? と問いかけるとはい、とサフィールは頷く。
 私はサフィールを自分の執務室に連行した。

    ◆    ◆

「本当に良いんですね? 最後――ですよ」

「構いません、本当に私はこれで諦めますから」

 と、サフィールは言う。だが目には涙を浮かべている。
 (そんなに私の事を想って――馬鹿みたいだ)
 仕方ない、と呟きサフィールをソファに押し倒して唇を首筋に落とす。そのまま胸、腹、と唇を滑らせ――。
 
「……っ、もう、良い……です。やめてください、ジェイド……」

 サフィールの言葉に私は顔を上げる。訝しげにサフィールの顔を覗き込むと、その頬には涙が伝っていた。
 (何故だ? して、と言ったのは貴方なのに――何故やめろなどと言う)

「サフィール」

 銀色の名を呼び、その頬に触れようとする。だがその伸ばした手は銀色の手によって戻された。

「もう良いんです……充分、分かりましたから――」

 嗚咽を含みながら、必死で言葉を続ける。

「前とは全然違う――本当に、もう愛してくれてないんだって……改めて実感しただけでした」

 言って、銀色は起き上がり、私の下から出る。
 そして執務室のドアノブを掴むと私に振り向き――

「さよなら、ジェイド」

 それだけ言って立ち去った。

 今更追いかける気にもなれなかった――大体追いかける気すら無かった。
 なのに――この気持ちはなんだ? 分からない―――。


「は……アレも馬鹿ですが、私も馬鹿ですね」


 今更――今更、想ったって――どうにもならないことは、自分が一番分かってる。
 自分が求め、自分が突き放し、そしてまた求める――。
 失って、やっと気付く。
 自分はアレに溺れていた――失いたくなかった。

 大事だからこそ、失わなければその大事さが分からない。

 だが、失ったものは二度と戻ってこない。

 ネビリム先生だって同じだ。

 私は、あのときで懲りたはずじゃなかったのか?

「私は―――――馬鹿だ」

 呟き、まだ銀色の温かみが残るソファに倒れこんで、涙を流す。

「ごめんなさい―――すみません」

 出てくるのは、私を唯一愛してくれた銀色への謝罪の言葉のみ。




 You were loved.
 (私は貴方を愛していました)

 It loves healing now. 
 (いえ、今も愛しています)

 However, it was not told. 
 (ただ、それを伝えられなかった)

 Please forgive such me. 
 (こんな私を許してください)

 I'm sorry really.
 (本当に、すみません)

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
2007/11/25 琉嘉
ご め ん な さ い
大佐、何やっちゃってるんですか。
サフィール、可哀想じゃないですか。
大佐ー、本当は好きなんじゃないですか。

可 哀 想 じ ゃ な い で す か 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(03/31)
(03/28)
(03/18)
(03/15)
(03/03)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
御堂琉嘉
性別:
女性
職業:
18禁はおろか15禁も見れない年齢です(ぇ
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]