忍者ブログ
※現在HPに移転準備中。しばらく更新停滞します;
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

TOS、《ゼロス→リーガル》です。
BLゼロスの片思い、死にネタでリーガルが死んでいる設定です(ぇぇ

《ゼロス視点》
「……なぁ」

 どんなに声を掛けても、返事が返ってくる事はないと分かっていた。ただ、青色は棺桶の中で幸せそうに眼を瞑っている。
 いつからだろう。こんなにも、他人を愛しく思えるようになったのは。
 
「起きろよ、リーガル。ゼロス様がお早うのキスしてやるからよ」

 悲しみをどこかへ追いやろうと無理矢理おどけてみせる。
 今は、それを聞いてくれる人もいない。

 (くっだらないなぁ……本当)

 リーガルの青い髪を撫でる。指と指の間からさらりと細い糸のような髪が流れ落ちていった。
 今度は腹筋の割れた腹部をつつく。

「今更だけど、よく見たらスゲェよなぁ……。俺様なんかとは大違いだぜ?」

 俺様と違うところに惚れたんだけどな、と呟いた。頬に濡れる感覚。

 (なんだ……俺、泣いてるのかよ。ダッセェの……)

 ポタ、ポタ、とリーガルの冷たい頬に液体が落ちる。それはゼロスの涙。
 情けないな―――、なんて思ってもいないことを口にする。

「俺って弱いな―――いつも強がってさ……リーガルにはバレバレだったみたいだけど」

  (頼むから、お願いだから。
  女神マーテル、アンタが本当に女神だって言うんなら―――リーガルを生かしてくれよ。
  俺の命はどうなってもいいから、リーガルにだけは、生きてて欲しいんだよ)

 今更そんなものに縋っても無理な事は分かっていた。
 死者を生き返らせるなんて有得ないから。そのくらいは理解しているつもりだった。
 頭では理解しているつもりだったんだけど。

「なぁ―――リーガル、あんたは今幸せか。

 




 あんたが幸せなら―――俺様も幸せだぜ。






 どうか安らかに、逝ってくれよ―――」

 ずっとあんたの帰りを待ってるから、と呟いて。仲間達の所へと足を進めた。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
2007/11/7  琉嘉
いや、実際シンフォニアプレイしてないんですけど(ちょ
持ってるといえば持ってるんですけどね、兄さんがやってるのを見ただけなんで。
アビスを完全クリアしてやる気が起きればやろうかなー…なんて。
とりあえずこの2人はお気に入りです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(03/31)
(03/28)
(03/18)
(03/15)
(03/03)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
御堂琉嘉
性別:
女性
職業:
18禁はおろか15禁も見れない年齢です(ぇ
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]