忍者ブログ
※現在HPに移転準備中。しばらく更新停滞します;
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

BL《ジェイディス》&死亡ネタなのでご注意ください。
それでも良いという方は下からどうぞ。 

《ジェイド目線》

「あの人たちは……死んでしまったのですね」

 冷たい牢獄の中で、幼馴染は俯いて言う。細い糸のような銀髪にルビーのような眼。その眼からは一筋の涙が零れた。

「私は……あの人たちが、好きでした。家族のように、思っていました」

 ねえ、と幼馴染、サフィールは私に問いかけた。

「あの人たちは、私を家族だと思っていてくれたでしょうか?」

 ボロボロと、みっともないほどに涙を零しながら。時折ズズ、と鼻をすする音も聞こえる。
 私はまだ、死を理解する事が出来ない。だから、サフィールの気持ちなんて殆ど分からない。でも、きっと、哀しいのだろう。痛いのだろう。苦しいのだろう。心の奥に、穴が開いたような。そんな感じなのだろう。

「ええ。もちろん……皆そう思っていましたよ」

 そんな事、分からない。私には何も理解できない。でも、これ以上、サフィールを泣かせたくは無かった。
 哀しませたくは無かった。

「そうですか……でも、もう私には誰もいない。唯一家族だと思えたあの人たちは―――皆死んでしまった!」

 ドンッ、と置いてあった机を拳で叩きつけた。
 嗚呼―――何故、こんなにも―――人は、脆いのだろう。
 今すぐにでもサフィールを抱きしめて、安心させてやりたい。誰もいないなんて、もう言わせない。
 それを邪魔するのはこの鉄格子。これさえなければ―――。

「サフィール、落ち着きなさい」

 サフィールがこんなだからこそ、私が冷静にならなくてはならない。 
 私は静かにサフィールを宥めた。

「良いですかサフィール。貴方には誰もいないなんてことはありません。―――私がいる。それに、もちろん陛下だって。ガイラルディア達も―――貴方を大切に思ってくれる人なら、たくさん、いる」

 一息ついて、続けた。

「貴方は一人なんかじゃないですよ。だからそんなに泣かないで下さい。貴方に泣かれると―――私まで泣きたくなる」

 変でしょう、そんな感情は持ち合わせていないと言うのに。
 嘲っても構いませんよ。私はサフィールが笑っていれば、それでいい。

「……ありがとうございます……ジェイド……でも、私はあの人たちを亡くしてから心に穴が開いたようで……その穴は、どうしても埋まらない」

 まだ言うのか。そんなにあの六神将という仲間が大事だったのか。
 それは―――私よりも? 私では、駄目なのですか?

「私では、駄目なのですか?」

 口に出すつもりなど無かったのに。気づいたら声に出していた。 
 もういい。こんな鉄格子、焼ききってやる。

「雷雲よ、我が刃となりて敵を貫け―――サンダーブレード」

 短く詠唱をし、譜術で鉄格子を溶かす。
 何だ、最初からこうすればよかったのか。

「ジェイド!? 貴方、何を―――」

 サフィールが驚いたような表情で私を見た。軽く微笑してサフィールの元へ歩み寄る。

「私では駄目なのですか? 私では―――代わりになれませんか」

 サフィールの背中に手を回し、ギュッと抱きしめる。何かを言おうとしたその紫の唇を指で軽くなぞり牽制した。

「私は貴方を愛しています。ですから、貴方のそんなところを見るのは心苦しい」

「……ジェイド」

 私の腕の中で、サフィールは言った。

「ジェイドは、あの人たちの代わりにはなれません。ジェイドはジェイドです。私はあの人たちが好きでした。それと同じように、ジェイドのことも好きです。いえ、愛していますよ」

 なら、どうして―――
 どうして―――貴方は私を求めない。
 愛しているのに、何故―――

「あの人たちは、私の家族です。ジェイドは、私の愛すべき人です。今更愛すべき人を家族と思えと?」

 にこ、と笑ってサフィールは言った。
 なんだ、そういうことですか。サフィールのくせに―――
 私もつられてフ、と笑う。


《サフィール目線》
 か弱く、とても16歳とは思えなかった、アリエッタ。
 ほぼ私の子とも言える導師イオンのレプリカ、シンク。
 強がっていたが、本当はすごく優しかった、アッシュ。
 寛大で、普通の父親のようだった、ラルゴ。
 若いのにとてもしっかりしていた、リグレット。
 そして、総長―――ヴァン。

 皆、私を受け入れてくれた。禁忌に手を染めた、私を受け入れてくれる唯一の人たちだった。
 皆、感謝しています。私を受け入れてくれて、ありがとう。
 貴方方が亡き今、私はどうすれば良いのか。悩みました。
 貴方方がいないのなら、私は生きる意味なんて無い。そう思いました。

 でも、貴方方はいつまでも私の中で生き続けます。
 
 さようならなんて言うべきでは無いのですよ、皆さん。
 強いて言うのなら―――お疲れ様でした、ゆっくりお休みください。


 先ほどまで私を捕まえていたジェイドの腕が離れていく。その手で私の顎を軽く持ち上げた。
 軽く、触れるだけのキス。それから深く、深く堕ちて行く。
 
 暗い牢獄の闇の中で、私たちは深く堕ちて行った。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
2007/10/31  琉嘉
トリックオアトリート。ハロウィン。
外国でのお盆だと聞いてこんなネタに。っていうかハロウィンは楽しいんですよ?
日本のお盆みたいに暗くないんですよ?
ああ、なのに何故こんな……orz
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(03/31)
(03/28)
(03/18)
(03/15)
(03/03)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
御堂琉嘉
性別:
女性
職業:
18禁はおろか15禁も見れない年齢です(ぇ
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]