忍者ブログ
※現在HPに移転準備中。しばらく更新停滞します;
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

BL、R指定含みます。いつも以上にご注意ください。
《ジェイド×サフィール←ピオニー》
ジェイドとサフィールの両思い、ピオニーがサフィールに片思い状態です。

《ジェイド視点》
「貴方は一体何をしているんですか?」

 にこ、と微笑んで問いかける。
 ここはディスト、もといサフィールの収容されている牢獄だ。少しサフィールの様子を見に来ただけだというのに。何故この馬鹿、もとい陛下がここにいるのか。
 陛下はサフィールをひたすらからかっているようだ。サフィールの目が半泣き状態、うっすらと殺意が芽生えてくる。

「何ってサフィールで遊んでるんだけど」

「秘奥義を受けたくないのなら今すぐ常務に戻りなさい」

 サフィールがピオニーに遊ばれていたということで私のOVLゲージは満たされ、いつでも秘奥義発動OKだ。

「ジェイドォ……っ! 助けてくださいっ! 今すぐこの馬鹿陛下を私の視界から消してくださいっ!」

 サフィールが半泣き状態のまま鉄格子から手を伸ばして助けを求める。

「んだよー、普通に遊んでただけじゃねぇか」

 へらへらと笑いながらピオニーはサフィールの手を掴み軽くキスをした。その気持ち悪さに鳥肌が立つ。
 サフィールなんて気持ち悪すぎて失神寸前だった。

「ピオニー!!」

 つい、ファーストネームを呼んだ(というより叫んだ)。
 その声にビクッ、とピオニーが反応した。

「何だよー」

「サフィールに何をしました? 返答次第では殺しますが」

「……常務に戻る」

「そうしてください」

 逃げるようにピオニーが階段を上っていく。それを見送り、サフィールを見た。

「ジェイドォ~……」

 牢屋の中で私を潤んだ目で見つめる。思わず溜息をついた。
 とりあえず先程陛下から頂いた(盗んだわけじゃありませんよ)鍵で牢屋に入る。

「はぁ……貴方はあの馬鹿に何をされたんですか?」

 手を伸ばして銀糸をくしゃくしゃと撫で、安心させてから問いかける。
 わ、と小さく声を漏らして口を開いた。

「えっと……その、『猫耳つけろー』だとか『M字開脚しろー』だとか『大好きだ』とか……」

 次第にサフィールの顔が真っ赤に染まっていき、涙が零れる。

「サフィール……大丈夫ですよ、あの馬鹿は私が殺りますから……ね?」

 にこ、と微笑んで涙の筋を舐め取る。そして口紅をつけていない薄く紅い唇に口付けた。
 先程の問題発言を甘い行動で隠しているというのは秘密だ。

「ジェイド……」

「全く、サフィールは私の玩具なのにそれを奪おうとは大した根性ですね」

 くす、と笑いまた口付ける。
 
「ふ……っぁ」

 一度口を離すとサフィールの声が漏れた。
 その緩く開いた口に容赦なく舌を滑り込ませ、絡める。

「んぅっ……やぁっ、ジェイッ……ドッ……っは」

 聞きなれた、でもその声はとても―――そそる。

「サフィール」

「なっ……んですかっ……ジェイド……って、ひゃぁっ」

 サフィールの服の中に手を入れた。それだけでこんなに感じるとは。
 まぁ久しぶりだったから仕方が無いといえば仕方が無いか。

「久しぶりですし、良いでしょう?」

 とりあえずベッドに押し倒した。
 服を次々と脱がしていき、上半身をさらす。 

「ちょっ……ジェイド、恥ずかしい……っ」

「今更何を言っているんですか」

 胸に二つ並んだ突起の片方を手で軽く弄る。

「ひゃっ」

 当たり前といわんばかりに情けない声が聞こえた。思わず笑いそうになる。
 それからそこを弄るたびに「ひっ」や「ふぁっ」などと言った声が漏れる。

「全く……相も変わらず、貴方は面白い」

 手をサフィールの下半身へとすべらせた。ズボンを下ろし、その白く華奢な身体を全てさらす。

「やっ……」

「綺麗ですよ? サフィール」 

 前にある長いモノを軽く手で擦る。

「っやぁ、あっん!」

 身体をビクリ、と振るわせた。


「っあ―――――――――!!!!!」


 まさか。何だか嫌な予感がする、そしてこの声は―――陛下?

「お、っ前何してんだよ! サフィールに!」

「……何してんだよはこっちの台詞ですよ。へーいか?」

 案の定。ピオニーだった。
 とりあえずサフィールに服を着せる。 

「毎度毎度、よく邪魔してくれますねぇ? 陛下」

「ジェイドッ」

「え、ちょ、何? えぇ? もしかしてジェイドすっげぇ怒ってる?」

「言うまでもなく」

 にっこり、と微笑んでピオニーに向けて詠唱を始める。

「天候満つるところに我はあり、黄泉の門開くところ汝あり、出でよ神の雷!

 ――――インディグネイション!!」

「あ――――――!!!!!」

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
2007/11/3  琉嘉
こ れ は ピ オ ニ ー の 片 思 い と 言 え る ん で し ょ う か
ただの幼馴染大好き皇帝、いつもの皇帝、ブウサギ皇帝。
そして何故邪魔をする!w
ていうか牢獄で秘奥義ブッ放しちゃ駄目でしょう、しかも皇帝にっ。いいけどもっ(ぇ

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(03/31)
(03/28)
(03/18)
(03/15)
(03/03)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
御堂琉嘉
性別:
女性
職業:
18禁はおろか15禁も見れない年齢です(ぇ
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]